ブログ

四十肩・五十肩⑨

おはようございます。
駿河区の接骨院×パーソナルトレーニングQuality3-クオリティ-です。
Quality3-クオリティ-では、痛みや姿勢の根本改善の施術やトレーニングを行っています。
肩こり・四十肩・五十肩・腰痛・ヘルニア・猫背・リウマチなどに悩まされている方は多くいると思います。
当院ではそんな悩みを根本的に改善・解決するためにの施術やトレーニングを行っています。

 

 

 

今日も前回に引き続き、ローテーターカフのトレーニングについて詳しく触れていきます。

 

 

第3タイプ・・・第1タイプのポジションの位置から、このチューブインターナルローテーションは、肩関節の内旋、つまり上で紹介した二つの筋トレとは逆の肩関節の動作を行うトレーニングです。

 

 

 

このチューブインターナルローテーションは、肩関節の内旋、つまり前回・前々回に紹介した二つの筋トレとは逆の肩関節の動作を行うトレーニング方法です。

 

IMG_4468

 

肩関節の内旋には、ローテーターカフの中でも肩甲下筋が主力筋となって関与します。

 

IMG_4471

 

 

 

サブターゲットとして大胸筋、広背筋、大円筋といった筋肉が関与していくことになります。

 

IMG_4473

 

ローテーターカフの鍛え方としては、前面を鍛える鍛え方として取り組んでいくと良いかと思います。

 

 

では、トレーニングのポイントです。

 

①脇を締めた状態にし、鍛える側の肩をチューブ側に向けて横向きに立ちます。
ローテーターカフを鍛えたい肩は内側を向いているようになります。
②固定したトレーニンチューブの端を、肘を曲げた内側の手で握ります。
肘は90度に曲げておきましょう。
前腕は床に平行になるようにして、チューブも出来る限り水平にしておきます。
③肩を内側に捻って、チューブを引っ張っていきます。動作中は脇を締めておきましょう。

 

 

④その後、負荷に耐えながら元の位置に戻し、繰り返していきます。

 

 

IMG_4456

 

 

Quality3-クオリティでは皆様の目的に応じて施術をするだけでなく、目標を最短で達成する為のトレーニングのアドバイスにも力を入れています。

 

 

 

 
Quality3-クオリティ-とは、
『3つの質-Quality』を表しています。
①Quality of life (生活の質)
②Quality of training (運動の質)
③Quality of motion (動きの質)
皆様の日常生活に、施術と質の高い運動を取り入れていただくことでカラダの動きを良くし、生活の質を上げてほしいという願いがこもっています。
私達は、皆様の過ごしやすい生活の一助となることを目指し、接骨院(柔道整復師)とパーソナルトレーナーだから出来るカラダへのアプローチを施術とトレーニングに取り入れています。

ご興味のある方は是非お気軽にご来院下さい。

投稿日:2017/05/29

ブログ一覧

予約・お問い合わせはこちら

接骨院×パーソナルトレーニングQuality3

受付時間平日午前8時半~11時半、午後15時半~19時 土曜日午前8時半~13時

お問合せ

住所
〒422-8043
静岡市駿河区中田本町1-43

駿河区の接骨院、Quality3までの詳しいアクセス

お問合せ・ご予約はこちら 0542873551

トップへ戻る