ブログ

トレーニングのフォーム

おはようございます。
駿河区の接骨院×パーソナルトレーニングQuality3-クオリティ-です。
Quality3-クオリティ-では、痛みや姿勢の根本改善の施術やトレーニングを行っています。
肩こり・腰痛・猫背などに悩まされている方は多くいると思います。
当院ではそんな悩みを根本的に改善・解決するためにの施術やトレーニングを行っています。

 

 

 

ウェイトトレーニングを行う上で非常に重要なことは”正しいフォーム”で行うことです。当たり前のことなのですが、できていない人が多いのも事実です。正しいフォームで行わないとトレーニングをしても効果が激減するだけでなく、怪我にも繋がります。

 

今日は正しいフォームでトレーニングを行う3つのポイントを紹介します。

 

Squat on black background

 

 

①軽いウェイトで行う。

②ターゲットとなる筋肉を意識する。

③呼吸をする。

 

 

①軽いウェイトで行う。

初めてウェイトトレーニングを行う場合は、たとえ筋力がある人でも軽いウェイトを使って下さい。筋力があるからと言って初めから高重量で行うと、間違いなくフォームが崩れ、間違ったフォームを身に付けてしまいます。何ごとも最初が肝心です。
20回以上できる軽いウェイトを使用し、10回を目安として行い、1ヶ月間は正しいフォームを身に付ける期間にしましょう。

 

IMG_3887

 

正しいフォームを身に付けず最初の頃から中強度で行うと、筋力が付いていない初心者の場合、関節などを痛める可能性が高いです。ベンチプレスで例えると肘と肩を非常に痛めやすいです。どちらか1つでも痛めてしまうと今後のトレーニングや日常生活に影響してしまうので、フォームはしっかりと癖付ける必要があります。

 

 

 

②ターゲットとなる筋肉を意識する。

正しいフォームで行わないとターゲットとなる筋群をうまく刺激する事ができず、効果は低下してしまいます。ターゲット部位をピンポイントで刺激できるように、正しいフォームを身に付けることは非常に重要なのです。

 

IMG_3884

 

軽いウェイトを使うことで、しっかりターゲットの筋群を意識することができます。筋肉の動きを感じることができるので「意識」する癖付けもできます。
とても重要な事なのでターゲット部位を意識する練習を繰り返しましょう。

③呼吸をする。

呼吸も非常に重要な要素です。呼吸により力の発揮具合が異なるので、しっかりと力を発揮させるためにも呼吸法はマスターしましょう。そして急激な血圧の上昇を抑える事もあり、正しい呼吸法を身に付けておくべきです。

 

IMG_3885

 

 

Quality3-クオリティでは皆様の目的に応じてトレーニングをするだけでなく、目標を最短で達成する為の日々のアドバイスにも力を入れています。

 
Quality3-クオリティ-とは、
『3つの質-Quality』を表しています。
①Quality of life (生活の質)
②Quality of training (運動の質)
③Quality of motion (動きの質)
皆様の日常生活に、施術と質の高い運動を取り入れていただくことでカラダの動きを良くし、生活の質を上げてほしいという願いがこもっています。
私達は、皆様の過ごしやすい生活の一助となることを目指し、接骨院(柔道整復師)とパーソナルトレーナーだから出来るカラダへのアプローチを施術とトレーニングに取り入れています。

ご興味のある方は是非お気軽にご来院下さい。

投稿日:2017/02/09

ブログ一覧

予約・お問い合わせはこちら

接骨院×パーソナルトレーニングQuality3

受付時間平日午前8時半~11時半、午後15時半~19時 土曜日午前8時半~13時

お問合せ

住所
〒422-8043
静岡市駿河区中田本町1-43

駿河区の接骨院、Quality3までの詳しいアクセス

お問合せ・ご予約はこちら 0542873551

トップへ戻る